« 教育の自由をめぐって | トップページ | シリアナ »

2006/03/29

ガーダ パレスチナの詩

T0004322_1 フォト・ジャーナリストの古居みずえさんがつくった「ガーダ」というドキュメンタリー映画の試写会にやっといってきました。古居さんはパレスチナをとり続けてきた写真家ですが、彼女の写真は大好きです。困難ななかに生きる女性へのやさしい視線というか。
 さて、この映画、ガーダという女性の人生を淡々と追っています。結婚から出産、そして、つかのまの平和。しかし、時代は、第二次インディファーダーの時代に。イスラエル軍による親戚の子どもの死から、彼女は、パレスチナの女性たちの人生の聞き取りの仕事をすすめていきます。
 時代というものをていねいに解説しているわけではありません。パレスチナの問題を理解するには少しむずかしいかもしれません。パレスチナ問題にどう接近したのかという点では評価が分かれるかもしれません。ただ、女性への視線は古居さんならではのもの。彼女らしい、視点の映画だと思いました。
 GWには、東京や大阪で一般公開です。

« 教育の自由をめぐって | トップページ | シリアナ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガーダ パレスチナの詩:

« 教育の自由をめぐって | トップページ | シリアナ »

無料ブログはココログ
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31