« 「中日関係は歴史的試練に直面」 | トップページ | 姜尚中の政治学入門 »

2006/02/24

荒川静香金メダル

 今日は、どこにいってもこの話題でもちきりですね。
 朝、テレビを見ていて、彼女の伸びやかな演技は、ほんとにほれぼれしましたから。表彰台の姿は、まさにアジアン・ビューティーです。でも、まあミキティ派の私としては、もうちょっと彼女の笑顔を見たかったなあ。かつて、燃え尽き症候群なんてことが言われたことがありますが、もう1つ心にもやもやがあるような、体と心が一体でないような感じですね。
 荒川さんは、ほんとのびやかでした。スルツカヤなんてガチカチだったものね。日本人は精神的にもろいなんていわれたのはウソのよう。
 選手たちの、より強く、より速く、より高く、より美しく、より巧みに――オリンピックはやっぱり見ていて、私たちの励みになりました。

 ただ、あたらめてオリンピックのあり方も考えさせられます。とくに、冬季のオリンピックは、夏季とちがって北半球の、めぐまれた国の大会だと。見せるスポーツ=商業主義の影響を強く感じざるをえません。しかも、日本の選手は、個々の選手をみればそんなにめぐまれたわけではないのですから。
 心から、人間が好きになれるような、そんなオリンピックであってほしい、そう願うんですが。
 とりあえず、荒川さん、おめでとう!!!

« 「中日関係は歴史的試練に直面」 | トップページ | 姜尚中の政治学入門 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 荒川静香金メダル:

» 荒川「金」 村主4位、安藤は15位 (毎日新聞) [南風のlight song]
     トリノ冬季五輪第14日の23日、フィギュアスケートは女子フリーがあり、荒川静香が圧巻の演技で191.34で優勝、村主も実力を発揮し175.23で4位、安藤は4回転ジャンプで転倒し140.20で15位だった。サーシャ・コーエン(米国)もジャンプの... [続きを読む]

» 涙のわけ [自分探しの心の旅]
 一部のマスコミには、成績が振るわないアスリートの練習やプライベートの、 揚げ足をとるような報道が目立ちます。 ある経営者の方が、「ビジネスでの頑張りなど、スポーツ選手の頑張りから 比べたら屁みたいなもんで、彼らぐらい頑張れば誰でも成功する」と言った ...... [続きを読む]

» 2/25 荒川選手 金メダル!! [社説を読んで思ったこと]
【朝日】日経不祥事 情報の悪用は許されない/荒川選手 流麗な舞に魅せられた【読売】[荒川「金」]「強い選手をどう育てていくか」[民主党迷走]「それでも説明責任は消えない」【毎日】荒川選手金メダル 感動と勇気をありがとう/日経社員疑惑 ライブドアを責められない【日経】欧州の景気回復が本物になってきた/イラク内戦の悪夢を防げ【産経】荒川選手「金」 切磋琢磨が生んだ栄冠だ/日経インサイダー 報道機関のモラル自覚を【東京】荒川金メダル 快挙が教えてくれる/比民主化20年 混迷を脱却しないと【北海道】荒川選手... [続きを読む]

« 「中日関係は歴史的試練に直面」 | トップページ | 姜尚中の政治学入門 »

無料ブログはココログ
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31