« 隣国の民主主義 | トップページ | あまり深くない雑感だけど…… »

2006/02/07

現在のアメリカを探りたい

 今の世界がどんな方向で動いているのかというのは、ぜひに深めたいテーマですよね。軍事的な覇権主義の裏には、経済的な覇権をめざす動きがあります。同時に、アジアや中南米での新しい動きの背景には、アメリカ型の新自由主義経済政策のゆきづまりも見え隠れします。スティグリッツを読んで、昨日の内橋さんを読んで、そこで、少し、前の時代についての回顧録ですが、『ルービン回顧録』なども読み始めています。のっけから、95年のメキシコのドフォルト危機からはじまります。グローバル化のなかで資本の自由化がすすむなかでおこったこの危機。ルービンは、クリントン政権の財務長官として、市場原理主義をつらぬいたことでも知られています。彼らなりの、危機への対応、結構、興味深そうですね。

« 隣国の民主主義 | トップページ | あまり深くない雑感だけど…… »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 現在のアメリカを探りたい:

» 少青中壮老、未来を望め [赤石青崩の七五調]
父の死と母の病に自らの高校断ちてバイトの女性 日に夜にめいめい働く父母を見て不条 [続きを読む]

« 隣国の民主主義 | トップページ | あまり深くない雑感だけど…… »

無料ブログはココログ
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31