« チャン・ドンゴンのデモ | トップページ | 現在のアメリカを探りたい »

2006/02/07

隣国の民主主義

 昨日のチャン・ドンゴンの話題への追加です。同じく昨日紹介した『戦後60年を問い直す』という本のなかでの坂本義和さんの講演の一節です。坂本先生は、日本におけるアジアの民主化へ鈍感さを指摘しています。それは、アジア諸国で、民主化がすすんだために起きた戦争中の日本の支配による被害への補償を求める動きへの反応の鈍さにあらわれています。と同時に、それがアジアの民主化と連動していることへの鈍感さ――つまり、韓国などの「反日」の動きが、単純なナショナリズムではなく、民主化のなかで、自国の現代史にまで、メスを入れ、その歴史の見直しの過程で起きている、そういうことへの共鳴がないという指摘です。なるほどと思った一節でした。

« チャン・ドンゴンのデモ | トップページ | 現在のアメリカを探りたい »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 隣国の民主主義:

« チャン・ドンゴンのデモ | トップページ | 現在のアメリカを探りたい »

無料ブログはココログ
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30