« アメリカのいまを探る | トップページ | 久々に本屋にいきました »

2006/02/16

中国残留邦人裁判と正義

 中国残留邦人の東京地裁裁判の判決があった。被告の特別な被害を認めながら(ここは、大阪より前進)、国家賠償にはあたらないとした。
 日本から3度捨てられた、この人たちの人生。その戦前と戦後の歴史をなぜ、裁判は裁かないのか。先日の横浜事件でもそうだが、日本の裁判にかけているのは、法理にこだわるあまり(もちろん、それが正しいかどうかも問われなければならないが)、正義というものを軽視していることにあるのではないか。この人たちの被害の責任を裁くのは裁判の固有の責任だ。政治が、一刻も早く、その責任を明確にし、救済の措置をとるとともに、司法に正義をもとめたい。

« アメリカのいまを探る | トップページ | 久々に本屋にいきました »

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国残留邦人裁判と正義:

« アメリカのいまを探る | トップページ | 久々に本屋にいきました »

無料ブログはココログ
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30