« 地元の9条の会 | トップページ | ふたたび経済格差について »

2006/01/20

米国産牛肉 危険部位が混入されていた

米国産牛肉、再び輸入禁止…危険部位が混入(読売新聞)
 やはりというか、開いた口がふさがらないというか……。

 政府は20日、輸入された米国産牛肉に、BSE(牛海綿状脳症)の病原体が蓄積しやすい特定危険部位の脊柱(せきちゅう)が混入していたため、12月に再開したばかりの輸入を、再び全面禁止する方針を決めた。
 安全が確認されるまでの措置。食品の安全性をめぐる議論の末に、一度は決着した米国産牛肉の輸入禁止問題は、振り出しに戻る。米国側のずさんな対応と同時に、米国に対する配慮から輸入再開を急いだ日本政府への批判も強まると見られる。……

 政府はアメリカの責任を全面に打ち出していますが、だいたい、アメリカの検査体制の問題はすでに指摘されていたことです。安全が明確には確保されていないことは明らかだったのです。政府の責任は重大です。

« 地元の9条の会 | トップページ | ふたたび経済格差について »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米国産牛肉 危険部位が混入されていた:

« 地元の9条の会 | トップページ | ふたたび経済格差について »

無料ブログはココログ
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30