« ホリエモン逮捕 | トップページ | 神はサイコロを振らない »

2006/01/25

広がるホリエモン・ショック

 ホリエモン逮捕の衝撃は、政界をも直撃しています。自民党は「事件と衆院選で自民党幹部などが応援したこととは別問題だ」と、弁解にやっきです。
 少し驚いたのが、今朝の「朝日」で読んだ昨日の自民党の総務会の様子。加藤紘一元幹事長が「カネですべてが片づくという考えの人を応援したのはいかがなものか」とただすと、武部幹事長が「カネは加藤氏だって苦労したわけだから……」と応戦したとか。もちろん、これは加藤氏の事務所の脱税事件をさしているわけですが。小泉首相にいたっては、メディアにやつあたりです。「あのメディアの持ち上げ方、何ですか。自分の持ち上げ方を棚にあげて、改革まで私の責任と批判している」と言ったといいます。
 どこまで、ひらきなおろうというのでしょうか。痛みを感じず、人間が人間として尊重されるということが理解できない人たちは、腐敗だとかには鈍感なんでしょうか。こんな人たちが、政権の中枢をしめ、こんな議論しかできないんですから。ホリエモンの責任とともに、そのことを私たちはよく考えなければならないと思いますね。

« ホリエモン逮捕 | トップページ | 神はサイコロを振らない »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 広がるホリエモン・ショック:

« ホリエモン逮捕 | トップページ | 神はサイコロを振らない »

無料ブログはココログ
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31