« おどろいた麻生発言 | トップページ | 潮目が変わったどころではないぞ »

2006/01/31

マラソン

B000BQ5L3E これも、映画館で見ることができなかった映画です。でも、映画は、時間をつくってでもみなきゃいけない。つくずくそう思います。そんな気持ちにさせてくれます。切なくって、つらくって。でも、彼は、人を変え、人は彼を支える。単純に人間ってすばらしい。そんな人間らしい関係が、きっと日本でも残っているし、再生できるはずです。そう信じて、生きていきたいものです。たくさん泣かされた、一本です。はい。

|

« おどろいた麻生発言 | トップページ | 潮目が変わったどころではないぞ »

コメント

DVDが出ましたね。DVDを買おうか検討中です。ハングルの勉強にもなるし、この話好きです。
母親の気持ち分かりますよね。
「走れ!ヒョンジン」という原作本も良いですよ。

投稿: ☆のまほう | 2006/02/01 00:37

 痛々しいほどの母の気持ちは心に迫ってきます。それだけに、気持ちよさそうに主人公が走るシーンは、救われます。うまいんだよ、映画の作り方が!

投稿: YOU→☆のまほう | 2006/02/01 23:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/8443105

この記事へのトラックバック一覧です: マラソン:

» マラソン [☆のまほう]
「マラソン」を観てきました。自閉症の子がフルマラソンを完走する感動の実話です。走るのが本当に好きなチョウォン。そしてその家族。ありがちな話しといわれればそれまでですが、私は感動しました。母親の苦悩もよくわかるし、それを他人から見れば母親のエゴと見えるの...... [続きを読む]

受信: 2006/02/01 00:48

« おどろいた麻生発言 | トップページ | 潮目が変わったどころではないぞ »