« 証言 戦後日本経済 | トップページ | 交渉人 真下正義 »

2006/01/06

続く、米兵の事件

 年末の東京での米兵のひき逃げ。今度は、横浜で米兵が女性を殺害したという事件です。容疑者は、空母「キティーホーク」の乗員で、すでに、殺害を認める供述をしているといいます。が、容疑者の身がらま、まだアメリカ側にあるようです。地位協定では、たとえ「公務外」で米兵が基地外で犯罪をおかしても、基地内に逃げ込めば、日本側が起訴するまでは米側が身柄を確保することを規定しているのです(ましてや、公務内では日本側は裁く権利もないのです)。

 米軍基地の再編で、基地機能が強化され、より戦争する部隊化すれば、米兵犯罪は増えるのは必死です。国民の安全ということを政治の目的にあげるのならば、この問題は避けて通れない問題となりそうです。

|

« 証言 戦後日本経済 | トップページ | 交渉人 真下正義 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/8036011

この記事へのトラックバック一覧です: 続く、米兵の事件:

« 証言 戦後日本経済 | トップページ | 交渉人 真下正義 »