« 発見と感動こそ | トップページ | 今年の言葉は「愛」?! »

2005/12/13

底の浅さが見えてくる

 例のみずほの株取引問題に関して東証のシステムの不備の問題がメディアを賑わしている。ほんとうにあきれてものが言えない事件だ。ただ、そこから見えてくるのは何か。

 私はいまの経済政策の中心には、金融市場原理主義というものがあるとうに思っている。金融の自由な市場が経済を引っ張るという考え方だ。郵政民営化なんてその最たるものだ。その要となる証券市場が、結局、この程度のシステムに過ぎないんじゃないのか。

 はたして、これが国民を幸福にする経済システムなんだろうか。無責任で、無思考で。いまの経済のあり方の底の浅さが見えてこないか。

|

« 発見と感動こそ | トップページ | 今年の言葉は「愛」?! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/7609310

この記事へのトラックバック一覧です: 底の浅さが見えてくる:

« 発見と感動こそ | トップページ | 今年の言葉は「愛」?! »