« 昨日書きたかったこと | トップページ | 久々の買い物と外食 »

2005/12/10

感動や笑いが薄っぺらくなっていないか

 職場でも、テレビの話をします。最近のお笑いの話だとか。まあ、ついていけているような、いけていないような。もともと、大阪で生まれ育った私は、子どもの頃、花月などによく連れて行ってもらった。中学や高校時代には、上方落語をよく聞きにいった。笑いには、伝統芸能としての一定の形がある。同時に、現代の笑いは、新しい創造性がたっぷりと付け加えられている。見ていて、すごいなあと大笑いしながら見るときもある。

 が、いまのテレビはショービジネス化されすぎている。ちょっと考え込んでしまうこともある。たとえば、タレントがいろいろなことにチャレンジする企画。それを見て、笑ったり、感動したりするが、そこで、考え込んでします。いわば、うそっぽさ、薄っぺらさを了解しながら笑ったり、感動したりしてはいないか、ということだ。

 それは、最近の映画やドラマにも通じる。泣ける映画、感動する映画は、よく考えればあまりにも作られすぎている。そのうそっぽさを了解しながら、感動する。
 本当は、感動も笑いも、感情の裏には、いろいろな思考がある。想像がある。それが、ちょっと薄れていないか。そんなに難しく考えなくてもとは思うが、でも、そんなことを問いかけたくなるんだけど。

« 昨日書きたかったこと | トップページ | 久々の買い物と外食 »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 感動や笑いが薄っぺらくなっていないか:

« 昨日書きたかったこと | トップページ | 久々の買い物と外食 »

無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31