« 軍事力が前面に出過ぎるのでは | トップページ | ぼくたちもそこにいた »

2005/11/01

民主党の憲法提言

 小泉さんの内閣改造の影にかくれて、まったく注目されませんでしたが、今日(もう昨日だ)、民主党は、憲法提言なるものを発表しています。実は。

 ざっと読んでみたところですが、やたら「人権」ということが強調されています。そこで、自民党と差異を強調しているのでしょうか。ただ、首相の権限の強化ということもうたわれ、「公共」ということも強調されていますから、新自由主義的な範囲での「人権」の強調であり、矛盾も少なくなさそうです。じっくり読み込む必要がありそうです。

 民主党の場合、自民の草案とちがって逐条的な草案になっていないので、よくわかりにくいのですが(マニフェストのときもそうだったのですが)、あれやこれやいいながら、海外での武力行使を容認しているのが、実は、最大のポイントだと思います。結局、憲法で、何を変えるのかということを考えたとき、いちばん変わるのはここなのですから。
 自民党との差異化をすすめなければなりませんから、そう簡単に自民との調整はすすまないと思いますが、改憲シフトの民主党の指導部ですから、けっして軽視もできません。

|

« 軍事力が前面に出過ぎるのでは | トップページ | ぼくたちもそこにいた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/6800243

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党の憲法提言:

» 憲法改正と新憲法制定 [医療制度改革批判と社会保障と憲法]
 憲法記念日(文化の日)の今日、憲法改正と新憲法制定について考えてみました。 元神戸大学、現在名古屋大学の浦部法穂さんのお話しをもとに、考えてみました。  憲法改正と新憲法制定  自民党新憲法草案が発表され、憲法改正論議が活発になってきましたが、憲法改正と新憲法制定とが、整理されないままに、「改憲」という一括りで議論されています。  現行憲法96条で予定しているのは、あくまで憲法改正であり、そのための手続きを定�... [続きを読む]

受信: 2005/11/03 21:17

« 軍事力が前面に出過ぎるのでは | トップページ | ぼくたちもそこにいた »