« 機動戦士Zガンダム―星を継ぐ者 | トップページ | 情報公開の魔力?と批判精神 »

2005/11/02

中国と東アジア経済の行方

 今日は、仕事です! 朝から会議。それからメールをいくつか。今月の仕事もだんだん埋まっていきます。メールは、海を越えますからね。今日は、中国に滞在中の人とメールでやりとり。最近の中国事情(靖国参拝の現地の反応など)も返事であり、貴重な情報。
 午後からは、経済の研究者のお話を、その会場の隅っこで聞かせてもらいました。
 そこでも出てきたのですが、最近、私が関心をもっている問題が、東アジアの経済の協力関係をすすめていくうえでの中国経済の問題。貿易など実体経済の面では、東アジアの域内での経済関係は格段に強まっています。政治的にも、日本の靖国問題などの問題を抱えながらも、ASEANという1つの大きな流れを形成しています。
 が、金融面を中心にドルの影響の圧倒的強さが実際にあることも否定はできません。対米貿易がアジア経済を支えているのは現時点でも事実ですし、金融面でのドルへの依存も簡単に解消されるわけではありません。そのなかで、東アジア経済の進路は岐路にあるんでしょうね。中国がどういう舵取りをするのか、興味ある研究課題でもあります。

|

« 機動戦士Zガンダム―星を継ぐ者 | トップページ | 情報公開の魔力?と批判精神 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/6863303

この記事へのトラックバック一覧です: 中国と東アジア経済の行方:

« 機動戦士Zガンダム―星を継ぐ者 | トップページ | 情報公開の魔力?と批判精神 »