« 震度5強で倒壊だって! | トップページ | 第一回目の忘年会 »

2005/11/19

日米同盟の行方(Ⅰ)

 予告したとおり、この問題を、いくつかの点で考えてみたいと思います。だって、すごいですよ、日米安全保障協議委員会の中間報告なるもの。――もちろん、先の日米首脳会議後の記者会見の小泉さんの発言もすごいし、韓国でのAPECをきっかけに実現した日韓首脳会議での小泉さんの発言や、記者会見での日中関係に言及した発言なんてすごいとしか言いようがない。とにかく、主観と願望と、一方的な自己主張です。

 たぶん、世界観的には、こういった一連の日本の外交的態度と、この中間報告は同一線上にあると言っていいと思います。原文は、日経をはじめいくつかの新聞では全文掲載されています(厳密には英文とは若干の違いがあったりします)。よく見てみると、中間報告ではなく、「日米同盟…未来のための変革と再編」という文書なんですよね。ローレス米国防副次官は、「日米両政府が見いだした原則に関する合意」とまで言っています。つまり、安保条約の再々定義とも言えるものなのです。

 しかし、冷静に考えてみましょう。日米でどんな合意をしようが、アメリカの戦略に変更がないことは、だれが考えてもわかります。つまり、この「合意」というのは、日本の「対米誓約」ということではないでしょうか。小泉首相自身「実現できるように政府一体となって最大限努力」と言っているのですから。
 アメリカに付き従い、日本はどこまできたと言えるのか。次に見ていきたいと思います。(つづく)

|

« 震度5強で倒壊だって! | トップページ | 第一回目の忘年会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/7189887

この記事へのトラックバック一覧です: 日米同盟の行方(Ⅰ):

» 小泉、麻生による外交方針の危険性 [もう書きません【ニュースを斜めに解説します】]
内閣改造後の日本の外交政策なんですけど、 良い話が殆どないというのはどういうことでしょう。 日韓外相会談での議論が平行線で日韓首脳会談見送りの方向 とか、 日中外相会談すら実現できず とか、 日ロ首脳会談の共同声明断念 とか、 フジモリ大....... [続きを読む]

受信: 2005/11/19 06:05

» 社説【日米首脳会談 迎賓館で日米同盟を叫ぶ】 [Route 53]
【前書き】  京都迎賓館の最初のお客様としてブッシュ氏を招いて、日米首脳会談が行われました。日米関係の強固姿勢を突き進む日本は、正しいのか?誤りなのか?国内社説から読み取りましょう。 【ブッシュ氏から一言】 ・【ブッシュ大統領はアジア訪問について「テロとの戦いや自由を拡大させるために何をすべきかについて語り続ける機会になる」と語っている。】(世界日報) 【会談前に行われたこと】 ・【在日米軍再編、自衛隊のイラク駐留延長、米�... [続きを読む]

受信: 2005/11/19 09:45

« 震度5強で倒壊だって! | トップページ | 第一回目の忘年会 »