« 小泉首相が靖国神社参拝 | トップページ | 傍観者からの手紙 »

2005/10/17

世界の貧困と男性と

 今日の東京新聞の社説に、「世界の貧困 期待される男性の協力」というものが載っていました。
 「貧困撲滅を目的として国際間で決めた『ミレニアム開発目標』を実現するには、男女平等と『性と妊娠・出産にかかわる健康』に関する教育などが不可欠だ。とりわけ男性の協力が期待される」というのです。

 世界の人口六十五億人の半分近い三十億人が二十五歳未満の若者で、十五歳から二十四歳までの五億人以上が、一日二ドル以下で生活していると言います。二〇一五年までに貧困撲滅を目指す「ミレニアム開発目標」には、極度の貧困と飢餓の撲滅、子どもの死亡率の削減、エイズウイルス(HIV)のまん延防止など八項目が掲げられているが、現実には、目標達成が危ぶまれる状況にある。今年の「世界人口白書」では、初めて男性向けに一章を設けられている、というのだ。白書では、男性に家事や子育てへの参加を促したり、暴力につながる「男らしさ」の見直しにも触れているという。これは日本が抱える問題でもある。
 「協力」という表現がふさわしいのかどうかは疑問も残るが、貧困の問題を見る視点として、少し、考えさせられた。

|

« 小泉首相が靖国神社参拝 | トップページ | 傍観者からの手紙 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/6447723

この記事へのトラックバック一覧です: 世界の貧困と男性と:

« 小泉首相が靖国神社参拝 | トップページ | 傍観者からの手紙 »