« 今日は少しは元気? | トップページ | 「小泉論理、アジア国家には通用しない」 »

2005/10/20

イラクで市民が殺される

 昨日の新聞で、もう1つ気になる記事がありました。これは、朝日の報道なのですが、「イラク・無線起爆を電場で妨害」「米軍が爆弾対策 市民が『身代わり』」という見出しです。

 つまり、米軍の車列をねらった仕掛け爆弾にたいし、米軍が特殊な装置で、電波を発信し、携帯電話や車のリモコンキーなどを使った起爆を妨害する。その爆弾は、米軍が通過した後、爆発し、市民が犠牲になっているというのです。

 いずれにしろ、いまイラクは密室です。メディアがほとんどいない状況のもとで何がおこっているのか。昨日も、米軍の空爆で70人の死亡というニュースも流されています。少なくとも、市民が多数死んでいるのは事実なのでしょう。そのなかで、憲法制定の選挙がおこなわれました。その先にはどんな未来が見えるのでしょうか?

|

« 今日は少しは元気? | トップページ | 「小泉論理、アジア国家には通用しない」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/6491425

この記事へのトラックバック一覧です: イラクで市民が殺される:

« 今日は少しは元気? | トップページ | 「小泉論理、アジア国家には通用しない」 »