« 月曜日は? | トップページ | 富豪の60年 »

2005/10/03

NHK裁判報告集会

 夜は、そういうわけで、VAWW-NETジャパンの「NHK裁判報告集会」に行ってきました。「情報流出」で問題になった例の『現代』の魚住昭さんの講演が目玉です。場所は、表参道。このきらびやかな街は、僕はあまり好きではありません。妙に落ち着かないのです。この街でお酒を飲んだのは、たった1度きりですね。今回も、行く途中で迷子になってしまいましたが。

 さて、集会は、すごくおもしろい内容でした。魚住さんは取材でつかんだ、この問題の経緯を、鋭く、ときには奥歯にものがはさまったような言い回しで報告されました。基本は、『現代』9月号です。この9月号と、手に入るこれまでの政治家の発言などを重ね合わせて、考えると、中川氏が、番組放送の前にNHKの関係者と何らかの接触があったことは、ほぼ疑いようのない事実と判断できると思いました。また、えん曲な発言であったにしろ、安倍氏がNHKの幹部に、例の「公正中立」発言をおこなったことははっきりした事実です。そして、当時、若手議員会は組織的に、このNHKの番組を問題にしようとしていたことも間違いはないでしょう。

 NHKと政治家の距離の近さをすごく感じることができる経緯だと思います。NHKのほうは、少しの動きでも政治家が何を求めていたのかを理解していたのでしょうし、政治家のほうはどういう動きをすればNHKが、自分たちの思惑で動きのかを十分知っていたのではないのか。そんな、NHKと政治家の異常なもたれあいはなかったのでしょうか。
 最近の、メディアのこの問題の扱い方は、ほとんど朝日の問題の処理だけにしぼられています。なぜ、メディアは、何が事実だったのかを掘り下げないのでしょうか。なぜ、番組が改変されたのかを追及しないのでしょうか。

 朝日の動きもすっかりおかしな方向にむかっているのが心配です。ここ数日の、朝日の説明や報道を検証する識者の委員会の内容も、読者を納得させるものでは到底ありません。その内容については、後日また。

 さて、NHK裁判は、もともと、女性国際戦犯法廷をとりあげた番組が、改ざんされたことによって、被害者たちを侮辱し、名誉を傷つけたと、おこされた裁判です。この裁判が、政治家の介入が社会的に注目されるなかで新しい局面を迎えています。12月には、裁判の証人として、松尾放送局長(当時)と、内部告発をした長井暁さんが出廷するそうです。注目される局面です。

|

« 月曜日は? | トップページ | 富豪の60年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/6240016

この記事へのトラックバック一覧です: NHK裁判報告集会:

« 月曜日は? | トップページ | 富豪の60年 »