« デザインを変えたよ | トップページ | 普天間移設 毎日の社説への驚き »

2005/10/27

読書週間

 10月27日~11月9日は読書週間だそうだ。

 わが家の子どもたちは、なかなか本を読まない。ほんとに読まない。長男は、高校3年生ぐらいになって、やっと少し読むようになった。そこで「セカチュー」の果たした役割は大きい。さて、二男は、輪をかけて読まない。何でもいいからとのすすめのなかで、最近、少し読むようになったのが、ガンダムのノベライズ本。どこまでのオタクである。どこから見ても。まあそれでも活字だからいいか(笑い)。でも、ジュンク堂では、漫画本の片隅に置かれていて、探すのに苦労した。

 そう言えば、私が本をよく読むようになったのは、いつごろだろうか。小学校のときは、ホームズを少し、それから、ヴェルヌを少しぐらいか。中学校は宿題が中心?? 高校の時は、少しだけ文学少年。やはり、よく本を読んだのは20代、それも後半からかもしれないなあ。活字の仕事をするようになって、格段の読書量はふえた。
 
 今日の、朝日で、斎藤美奈子さんが、すてきな文章を読書週間によせていた。日本のいまから、ヒトラーの『我が闘争』そして、リヒターの『ぼくたちもそこにいた』でナチスドイツの熱狂を論じ、清沢洌の『評論集』で2005年を警告する。締めくくりは、たとどまって、対話を通して思考を練り直すことのすすめ。市村・杉田の『社会の喪失』などを紹介している。ちょっと、私の気分にぴったりの一文だった。

« デザインを変えたよ | トップページ | 普天間移設 毎日の社説への驚き »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読書週間:

« デザインを変えたよ | トップページ | 普天間移設 毎日の社説への驚き »

無料ブログはココログ
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31