« 20世紀ドイツ史(続き) | トップページ | ソン・イェジン »

2005/10/21

沖縄の「10・21」から10年

 少女暴行事件に端を発した沖縄のたたかいの画期となった8万5000人集会から、今日で、ちょうど10年目です。翌年には、SACO最終報告があり、その後99年には、普天間の辺野古沖合への移設の閣議決定がなされました。10年目のいま、おこっていることはこのSACOの路線が完全に破綻したと言うことだと思います。すでに、日米両政府とも、辺野古沖への移設は放棄し、次の案――浅瀬案だとか――の調整を最大の課題としています。

 このSACO破綻は何をしめしているのでしょうか。この時期、確かに、条件つきでの、基地の移設を受け入れる動きがありました。しかし、その後の沖縄の事態、たとえば嘉手納基地の現状、普天間での事故、そして、金武町伊芸区「レンジ4」での実弾射撃訓練など、基地と県民生活の安全が両立しないということが、白日の下にさらされたというのが今の特徴だと思います。

 しかも、あの危険な(墜落事故が相次いだ、新しい米軍の政略を象徴するような兵器である)オスプレイが、移設される基地には配備される――つまり、沖縄の負担の軽減では決してなく、基地の再編強化です。

 目の前にあるのは、基地国家日本の醜い姿にほかなりません。問われるべきは、どこまでもアメリカに追随する異常な小泉政権なのではないでしょうか。

|

« 20世紀ドイツ史(続き) | トップページ | ソン・イェジン »

コメント

こんにちは。少女暴行事件は本当にひどい事件でした。しかし、あれから米軍が変わったとは思えません。変わるはずもないのですが。各国の米軍基地でも不祥事を起こしています。日本はアメリカ追従をやめて平和憲法の下、軍隊を持たない方向を目指すべきだと思っていますが、現実は逆の方向に進んでいます。強く憂慮しています。

投稿: Nasbon | 2005/10/22 11:55

沖縄から学ぶと日本の政治の問題点が良く見えますよね。
悲しいです。

投稿: さっきい | 2005/10/23 19:50

 何度か沖縄に行って、撮りだめた写真や、感じたこともいっぱいあります。そのうち、ホームページでもつくりたいなあなんて、思ったりするのですが。

投稿: YOU→Nasbon、さっきい | 2005/10/23 22:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/6505879

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄の「10・21」から10年:

« 20世紀ドイツ史(続き) | トップページ | ソン・イェジン »