« 富豪の60年 | トップページ | 自民党 迂回献金システムの闇 »

2005/10/04

なぜ事実に光があたらないのか

 戦時中、日本企業に徴用・雇用され死亡した朝鮮半島出身者の遺骨問題がクローズアップされています。犠牲者の推定は約5万人とも言われています。しかし、この間、政府の調査で遺骨が確認されたのは868人分。朝鮮人強制連行真相調査団は、「理屈にあわない」と批判しています。

 日韓の政府間のあいだで、この問題がクローズアップされ、政府が重い腰を上げたのは評価できます。が、60年間放置したあとの、調査です。真相にせまる努力やとりくにがなければ、真相は明確になりません。しかし、この点でも、情報は十分公開されていないのが実際のようなのです。調査団の請求に、事業所ごとなどの資料は公開されていないのです。

 現在、朝鮮人強制連行についても、「バックラッシュ」とよべるような現象があります。「強制連行」という政策はなかったなどの主張です。しかし、歴史の事実として、同時、日本の一部とされていた朝鮮で、労働力の徴用や募集があったのは否定できません。具体的にどのような状況で、こうしたことがすすめられたのが、当時の政府がどのような言葉をつかっていたのかではなく、何がおこっていたのかを事実で1つひとつ確認していくことが大事だと思います。それはそんなに先送りしていい課題ではありません。

|

« 富豪の60年 | トップページ | 自民党 迂回献金システムの闇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/6254404

この記事へのトラックバック一覧です: なぜ事実に光があたらないのか:

« 富豪の60年 | トップページ | 自民党 迂回献金システムの闇 »