« 本性が出てくるぞ! | トップページ | 国連をめぐって »

2005/09/15

若者たちに何が起こっているのか

4763404261 ずっと読み切ろうと思っていてなかなか読み切れなかった本です。この間、だいたい? 読みました。論文集ですし、これまでパラパラと読んでいたこともありますし。
 参考になるのは、若ものをめぐる文化的状況。振り子方の成長の環境から、トライアングルな世界の形成。消費文化という世界が若ものをつつむ。もう1つは、その中で、個体化と中西先生がいう問題。つねに個としての自分が世界にさらされる。一方で、縁辺化といわれる、社会のなかで参加を拒否され、きわめて劣悪な処遇で据え置かれる現実もある。
 若ものの生きづらさ、人間との関係をつくる困難さは、決して若ものの能力の問題ではなく、若もののいる社会そのもののあり方にこそ問題がある。だからこそ、いまなお、若ものの能力の問題として迫る、若ものにかかわる政策の枠ぐみ、大人社会の認識そのものが鋭く問われなければならないのだと感じた。

|

« 本性が出てくるぞ! | トップページ | 国連をめぐって »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/5961844

この記事へのトラックバック一覧です: 若者たちに何が起こっているのか:

« 本性が出てくるぞ! | トップページ | 国連をめぐって »