« 帰ってきました | トップページ | 父母の国よ―中国残留孤児たちはいま »

2005/08/23

子どもがニートになったなら

4140881526 ご存知、玄田有史、小杉礼子の両氏による著作。ニートについての解説的な記述と、宮本みち子、江川紹子、小島貴子氏らとの対談、支援の現場の人々のインタビューが付されている。若者の育ちという視点と、若者の労働をとりまく問題という視点とのあいだでともすれば、揺れがちなこの問題、とくに若者の育ちという視点が中心だけれど、多面的に論じられていて、思いの外、面白かった。結構、小島さんのような方も、現実の教育の課題についても切り込んでいて、勉強になったし、こういう人の書くものもしっかり読んでおかないといけないと反省させられた次第。コメントをいただいたように、多面的に、たくさんの人の知恵をあつめなければならない課題。固い私の頭には、結構、いろいろな知恵をあたえてはくれました。

« 帰ってきました | トップページ | 父母の国よ―中国残留孤児たちはいま »

教育」カテゴリの記事

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子どもがニートになったなら:

« 帰ってきました | トップページ | 父母の国よ―中国残留孤児たちはいま »

無料ブログはココログ
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31