« ニート、フリーター…… | トップページ | ついてないなあ! »

2005/08/06

死んだ女の子

 news23での元ちとせの「死んだ女の子」はとってもよかったですよ。番組そのものの真面目につくられていますし。ただ、印象としてちがったのは、この曲は、かつては、原爆で死んだ女の子が署名を集めるという内容で歌われていたものですよね。それが、平和な社会を求めるというように変わっています。
 これは、映画の「父と暮せば」を見たときも感じたのですが、原作のほうでは、原爆直後の占領下で、原爆被害を外に訴えることができない時代がよくでていますが、映画の方はそれはあまりありません。この曲の署名というのも、原爆の実相を伝えることが占領によって禁止されていた、その時代から脱したときの運動や気分が反映していたようにも思います。
 もちろん、テーマに大きな変化があるわけではないし、訴える力は十分です。むしろ、そのほうがわかりやすいのかもしれません。ただ、そんな時代の移り変わりなどもちょっと感じたりしました。

|

« ニート、フリーター…… | トップページ | ついてないなあ! »

コメント

こんばんは。

元ちとせのライブ、生で見てきましたよ~ すっごい感動しました。なんと表現したらいいのか分からないんだけど、一瞬も聞きもらしたくない、一瞬も見逃したくない、そんな時間を過ごせました。「ひきこまれた」とは、こんな感覚なんだろうな、とも思いました。

私も「死んだ女の子」の違うバージョンはよく知っています。YOUさんが書いてあるような、内容にまでは理解がいたっていませんでしたが、「あんなに重い歌が、こんなに素直に胸につきさすように歌えるんだ」と思いました。

自分のBlogにコメントを書いたので、TBしておきます。

投稿: | 2005/08/07 00:11

 広島は、充実した日だったようですね! よかったですね。
 でも、生ライブはいいなあ。広島球場はあまりうらやますくないですねど、これはうらやましいです。
 私もテレビで感動したんですよ。その夜のうちにネットでダウンロードして、何度も聞きましたもの。

投稿: YOU | 2005/08/07 23:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/5329857

この記事へのトラックバック一覧です: 死んだ女の子:

» 魂を揺さぶられた元ちとせのライブ [帆をたて海に出よう]
広島で感じたことは、いっぱいありました。特に感じたのは、「ライブ」と「プロ」の凄さ。 広島市民球場に行ってプロ野球を見て感じたこともその一つ。また、五日の原爆ドーム前での元ちとせのライブでもそれを感じました。 歌った曲は「死んだ女の子」。坂本龍一のピ... [続きを読む]

受信: 2005/08/07 00:13

« ニート、フリーター…… | トップページ | ついてないなあ! »