« 教育の問題 | トップページ | 「改革」とは何だったのか(Ⅱ) »

2005/08/31

長男の帰省(その後)

 長男は、今日、帰っていきました。やっと、こちらも落ち着けます(笑い)。
 昨日は、ディズニーランドにいってきたようです。ディズニーランドといえば、思い出があります。何度かいきましたが、いちばん覚えているのが、長男が小学生、二男が保育園児のころ。春休みで、つれ合いは、職場の人とスキーに行っていて、どこも連れて行けないのはかわいそうだと思って、仕事の後、夜のディズニーに3人で行ったことがあります。でも時間が遅くって、あまり遊べなかったのですが、寒い中、ふるえながらシンデレラ城に入ったのです。長男が、魔物の退治の役に運良く指名され、保育園児だった、二男は「お兄ちゃんが助けてくれたんだ」と大興奮! さすがに子どもは覚えてないでしょうが、親のいい思い出です。どちらかといえば子どもとの思い出は、つれ合いがいないときのことのほうが多いかもしれません(笑い)。
 さて、はたして、長男は、彼女とどんな思い出を重ねるのでしょうか。ふられなければいいのになあなんて思っちゃいますがねえ。
 

« 教育の問題 | トップページ | 「改革」とは何だったのか(Ⅱ) »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長男の帰省(その後):

« 教育の問題 | トップページ | 「改革」とは何だったのか(Ⅱ) »

無料ブログはココログ
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30