« 自民改憲案を見る | トップページ | 選挙の意味を考えたい »

2005/08/08

対話の回路

025744450000 ここ数日、電車のなかで楽しく読んでいたのが、この『対話の回路』。小熊英二の対談集。彼が鶴見俊輔にインタビュー?した『戦争が遺したもの』でも、感じたけど、よく準備され、対談相手の本を十分に読みこなしたうえでの対談だけに、ものすごく読み応えがある。問題意識は、民族や、ナショナリズムであったりするわけだけど、規制の解釈にとらわれず、それでいて、小生意気なぐらいずけずけどつっこんでくる。出色は、網野善彦との対談。村上龍との対談は、村上像がこれだけ描かれているのはめずらしい。逆に、島田雅彦との対談は、小熊氏の洞察の深さにうならされる。戦後民俗学そのものを問う、谷川健一や赤坂憲雄との対談は、私のように、ほとんどこの分野に興味をもたなかった人間にも知的刺激を与えてくれる。十分堪能できる1冊である。

« 自民改憲案を見る | トップページ | 選挙の意味を考えたい »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 対話の回路:

« 自民改憲案を見る | トップページ | 選挙の意味を考えたい »

無料ブログはココログ
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31