« 被爆体験を聞く会 | トップページ | どこが読めなかったのか »

2005/08/06

笑の大学

 やはり、のんびり過ごすのは、DVDでしょう。ご存じ、三谷幸喜さんの「笑の大学」を見ました。

 舞台は昭和15年。日本は戦争への道を歩み始めていた。国民の娯楽である演劇は規制され、台本も上演前に検閲を受けていた。そんな時代に、警視庁の取調室で出会った2人の男。1人は笑ったことがない男、情け容赦ない検閲官・向坂睦男(さきさかむつお)(役所広司)。1人は笑いに命をかける男、劇団・笑の大学・座付作家・椿一(つばきはじめ)(稲垣吾郎)
 向坂は、このご時世に喜劇など上演する意味がないと考えている。“笑の大学“を上演中止に持ち込むため、椿の台本に対して「笑」を排除するような無理難題を課していく。一方椿は、上演許可を貰うため、向坂の要求を飲みながらも「笑い」を増やす抜け道を必死に考えていく。
 しかし、執拗な向坂の要求は、皮肉にも台本をどんどん面白くする方向に向かってしまっていた。いつしか2人は夢中で喜劇台本を創り始める。やがて、2人が創り上げる傑作喜劇とは。完成の瞬間、2人に訪れる宿命とは。

 ぜったいにありえないような設定。そのまったくリアリティのなさのなかで、おかしく、しかも、こんなことがあったらいいのに、と思わせながら、ラストはシビアに問題をみつめていく。十分、面白かったし、よかった作品です。
 笑いって大切ですね。泣いたり、笑ったり、豊かに感情を表現できる、そんあ人間であってこそ自由の意味を伝えることができるのかもしれません。そんな反省もさせられました。

|

« 被爆体験を聞く会 | トップページ | どこが読めなかったのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/5340677

この記事へのトラックバック一覧です: 笑の大学:

» 笑の大学 [☆のまほう]
今日は「笑の大学」を見ました。YOUさんも昨日見られているみたいですね。 面白かったです。検閲のはずが脚本なおしに夢中になっていく2人。友情が芽生えて・・・結末のところは三谷幸喜一流の演出でした。 ... [続きを読む]

受信: 2005/08/07 22:14

» 笑の大学 [ボソっと言ってみっか・・・]
ヤバい。 今年一番の駄作だ。 最初の15分で飽きて、あとはダラダラ見ていた。 何も書くことはないな。。。。 ダメだ。こーいうのは。。。 完全に舞台向け。映画ではない。 でも、面白いって言う人たくさんいるのね。... [続きを読む]

受信: 2005/08/15 23:33

« 被爆体験を聞く会 | トップページ | どこが読めなかったのか »