« 長男の帰省 | トップページ | 今日の社説 »

2005/08/29

広島・昭和20年8月6日

 10時頃に帰ってきたので、全部、見ていたわけではありません。その日にむかう、日常の記録は、黒木和雄の映画がヒントなんでしょうか? 強く、この「原爆」はやはり、裁かれなければならないとの感想をもちます。そして、なぜ、憲法には9条があるのかを考えたいものです。いま、たたかわれている選挙でも、この点での選択を誤ってほしくはない、そう思うのですが。

« 長男の帰省 | トップページ | 今日の社説 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 広島・昭和20年8月6日:

« 長男の帰省 | トップページ | 今日の社説 »

無料ブログはココログ
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31