« 教育改革の非論理 | トップページ | 子どもがニートになったなら »

2005/08/22

帰ってきました

 日曜日は、教育フォーラム、「競争で子どもの学力はのびるの?」に参加。教科教育の研究者と、都留文科大の田中孝彦さんらが、シンポジスとだっとですが、内容的には、正直、あまり深まったとは思えないものでした。時間の配分の問題もあるようですが、同時に、この「学力」という問題の議論のむずかしさだけが浮き彫りになってしまいます。学力とは何かという土俵があいまいなうえ、その学力を問い直す、角度がそれぞれバラバラで簡単に議論がかみ合っていかないのです。会場発言も、まったく角度の違うものが、出されるという感じで、かみあってふかまっていきませんでした。この分野も、大きな研究の課題なんだと思いました。
 日曜日の夕方、実家に久しぶりに顔を出して、そして、今朝、帰ってきました。今日は、その後、しっかり仕事、教育の世界から、政治の世界へ頭を切り替えながら、夜は、若者の居場所づくりにとりくみNPOの方に相談にいってきました。
 電車のなかは、新潮から今度出た『私の戦後60年 日本共産党議長の証言』を読み始めています。結構分厚い本です。

« 教育改革の非論理 | トップページ | 子どもがニートになったなら »

日記」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
「都留」にトラックバックさせてください。
各人が各様にただ自己主張していたのでは様々な問題を抱え見解の違う他者同士がなかなか歩み寄るのは難しいです。一方でその主張をし注目を浴びなければ認められないという現実もメディアで報じられる教師間討論に一面的ではありますがよく現れています。今流行のブログなるものもその意味では同じかもしれません。ですが「ささやかな足跡」を残すことでそれを見て後に続くものがきっといるかもしれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 帰ってきました:

» 実録 『猫に聞け』(全4話) [MOMENT編集]
祝10,000,000ヒット!!おめでとう!山間部の夢のほとりで今日もがんばっている「オレンジ・ロード」点在の Fruity_Orange さん、あなたに捧げます。猫人口は2005年10月27日現在如何ほど?閑話休題 『猫に聞け』 (一挙に全4話)作/猫目漱石吾輩は猫である。名前はふんダロけッタロ。ふざけた名前だ。私の主人はもうこの町にはいない。私を捨てて就職した。今はさしずめ、ドンファンを気取っている。... [続きを読む]

« 教育改革の非論理 | トップページ | 子どもがニートになったなら »

無料ブログはココログ
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31