« メディアの海は超不調 | トップページ | ふたたび過ちをくり返さないために »

2005/07/09

9条の会の学習会

NEC_0023 今日は、午後からは、9条の会の事務局主催の学習会「自民党改憲要綱の検討」に行って来ました。講師は、ご存じ、渡辺治さん(一橋大学教授)。はっきりいってものすごく面白かったです!
 この1年弱のあいだになぜ、自民党は4つの改憲案を出さざるをえなかったのか。そして、この4つの改憲案に共通していること、大きく揺れていること、そこから今の改憲勢力の動きの方向、そのねらいを見事に解き明かします。きわめて網羅的だった11月の改憲草案大綱、大きくカーブした4月の要綱、そして今回の素案は、9条改憲、それも集団的自衛権を曖昧にしながら、自衛軍の明記と国際貢献ということに踏み出そうとしています。党内の合意、そして公、民との協議を展望したきわめて実践的な改憲案。結論は、矛盾を大きくもちながらも改憲に動いている! いよいよ私たちも正念場なのでしょうね。

|

« メディアの海は超不調 | トップページ | ふたたび過ちをくり返さないために »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/4897019

この記事へのトラックバック一覧です: 9条の会の学習会:

« メディアの海は超不調 | トップページ | ふたたび過ちをくり返さないために »