« 子ども兵を生んだのは誰か | トップページ | 疲れたあ!!! »

2005/07/24

自衛隊は危険水域に

 今日のメディアの海で次のようにエントリーした。

 ミサイル防衛について、昨日「毎日」、今日「読売」が、ミサイル防衛を取り上げる。問題なのは、自衛隊法の「改正」で、自衛官のよる判断が可能になったことだ。「統合幕僚監部」の新設をあわせ、いよいよ自衛隊は軍隊として、危険水域に入ったと言える。  もともと日本の憲法は、武力を放棄している。したがって、軍をコントロールするという文民統制のシステムが体系的にあるわけではない。ただ、自衛隊の誕生の過程で、戦前の反省からつくられた、いくつかの仕組みは存在する。いま、自衛隊のかかわる法「改正」では、この歯止めともいうべき仕組みが、1つひとつ取り払われているのではないのか。  問題は、政治が、外交の手段として強く軍事を意識するようになり、重視するようになっているために、その問題について、無意識あるいは意識的に問題視しないことにある。いよいよ自衛隊は危険水域に入った。

|

« 子ども兵を生んだのは誰か | トップページ | 疲れたあ!!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/5135241

この記事へのトラックバック一覧です: 自衛隊は危険水域に:

« 子ども兵を生んだのは誰か | トップページ | 疲れたあ!!! »