« 睡眠時間が…… | トップページ | テーマは、引き続き「靖国」… »

2005/07/26

郵政民営化基本方針とアメリカ

 ライブドアのニュースで、共産党の「しんぶん赤旗」の記事が配信されているって知っています?
 ちなみに今日の注目のニュース

米国の勧告で「修正」/郵政民営化の基本方針/米政府が文書/大門議員質問
 郵政民営化法案の骨格となった政府の「基本方針」の内容が米国の要求に従って「修正」されていたことが二十五日、同国政府の文書で分かりました。同日の参院郵政民営化特別委員会で、日本共産党の大門実紀史議員が明らかにしました。
 この文書は今年三月に発表された米国通商代表部(USTR)の「通商交渉・政策年次報告書」。……

 もともと、小泉内閣がすすめる構造「改革」なるもののほとんどが、アメリカ発であることは、実は、アメリカ側の文書で明白なのです。手軽に読むことができるのが、「日米規制改革および競争政策イニシアティブに基づく日本国政府への米国政府要望書」とよばれるもの、毎年10月に出されています。昨年の要望書は、米国大使館のホームページで見ることができます。http://japan.usembassy.gov/j/p/tpj-j20041020-50.html数年間の、要望書を読んでいると、悲しいぐらい、アメリカの要望通りに「改革」がすすんでいることがわかります。拒否できない日本の姿がここにあるのです。

« 睡眠時間が…… | トップページ | テーマは、引き続き「靖国」… »

政治」カテゴリの記事

コメント

この記事、新聞そのもので読みました。この記事は、分かりやすいというか、むちゃくちゃすぎるというか、とにかくビックリしました。郵政民営化というものが、誰のための、何のための方策か、というのが、よく分かりますよね。

9/11の選挙では社会主義政党である民主党、共産党及び社民党の議員を落選させたい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 郵政民営化基本方針とアメリカ:

« 睡眠時間が…… | トップページ | テーマは、引き続き「靖国」… »

無料ブログはココログ
2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31