« 散髪したぞ | トップページ | 久しぶりの休みだぞ »

2005/07/30

パッチギ!

dvdphoto3
 やっと、「パッチギ!」を見ました。もうボコボコによかったです。最後の主人公のイムジン河を歌うシーンは、ボロボロに泣いていました。
 “パッチギ"とは、「突き破る、乗り越える」という意味を持つハングル語で、「頭突き」の意味。なぜ、タイトルがパッチギ!なのかは映画をみればわかります。喧嘩のシーンが多く、目を背けたくなる場面も多くのですが、私の子どものころの大阪の町を思い返すと、そういったことは、なかったわけではありません。そして、その背景にある、かつて日本が朝鮮にしたこと……。その後の、差別。若い心は、その壁をも乗り越える。河があるなら、橋をかけよう――そのとおりですね。
 ものすごーく、ものすごーくいい映画でした。

|

« 散髪したぞ | トップページ | 久しぶりの休みだぞ »

コメント

パッチギ!観たいんですよ。DVDもうでてるんですね。よーし借りてこようっと。
そういえば、「韓流シネマフェス2005」がやってるんですよ。劇場はこちら。http://www.102cinema.com/matsubara/
氷雨とかはすごく観たいと思っているので、行くつもりです。

投稿: ☆のまほう | 2005/07/31 22:48

本当に、よかったよパッチギ! かつての京都の姿もいい。
 ハングルの勉強にもなるかも

投稿: YOU | 2005/08/01 21:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/5235948

この記事へのトラックバック一覧です: パッチギ!:

» パッチギ! [☆のまほう]
今日見たら寝るのが遅くなると思いつつ、結局最後まで見てしまいました。乱闘シーンが多いのはちょっと辟易しました。年代的には私より一回り以上上の世代です。時代の背景は雰囲気でわかりますが実感はないですね、残念ながら・・・。でも、井筒監督の渾身作だと思いまし...... [続きを読む]

受信: 2005/08/09 00:31

» 河は越えられたのか◆『パッチギ!』(2回目) [桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」]
1月30日(日)くもり / 『パッチギ!』(TOHOシネマズ木曽川) この前買った、『パッチギ!』のサウンドトラックを全部通して聴いてみた。うーーーーーーーん。微妙。「唄」が入っているのは、『イムジン河』(3曲)と、『悲しくてやりきれない』と『あの素晴らしい愛をも...... [続きを読む]

受信: 2005/08/19 08:48

« 散髪したぞ | トップページ | 久しぶりの休みだぞ »