« 空疎な沖縄論でした | トップページ | 金沢八景へ »

2005/06/30

10代の事件が続くが

 今日も、高校生が学校で同級生を刺すという事件があった。教室に爆弾を投げ込んだという事件、父母を殺害し家を爆発させたとされる事件、兄を殴り殺したという事件などが続く。マスコミはセンセーショナルにこれらの事件を報道し、その背景をさぐる。
 事件となる背景は、それぞれ個別に大きな問題をかかえていることが多い。しかし、たとえば、それぞれの家庭事情の問題など、個別的な問題をこんなにもセンセーショナルに追いかけることが本当に、どれだけ重要なのか(まったく意味がないとは思わないが)。しかも、個別の原因の究明は、その個別の原因の抑止、つまり厳罰による対策などに、むすびつきがちでもある。報道により、問題をミスリードすることはないのだろうか。
 個別に光をあてる、その当て方はあくまでも大人の目線である。もっと、子どもの目線で物事を考える必要はないのか。子どもの生きずらさをもっと子どもの目線で見つめていく必要はないのか。事件報道と違った目線での議論も広がらないといけないと思う。

|

« 空疎な沖縄論でした | トップページ | 金沢八景へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/4777236

この記事へのトラックバック一覧です: 10代の事件が続くが:

« 空疎な沖縄論でした | トップページ | 金沢八景へ »