« 夢の中へ | トップページ | 闇の中の模索 »

2005/06/29

高松塚解体へ

 高松塚古墳が解体され、壁画の修理にとりかかることになった。私の実母の実家は奈良にある。高松塚古墳から、山を一つ超えたところだ。それだけに、子どものころから明日香は何度も行ったし、そも遺跡を大切にした村づくりをこの目で見てきた。
 数年前に、息子たちをつれてサイクリングをした思い出もある。それだけに、今回の解体の決定は複雑な思いがあります。壁画の修復に万全に期してほしい。将来的に安全な保存をすすめてほしいそう願ってやみません。ほんとうに、この20年間のとりくみに問題はなかったのか、その検証もすすめてほしい、そんな思いも感じてしまうのですが。

« 夢の中へ | トップページ | 闇の中の模索 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高松塚解体へ:

« 夢の中へ | トップページ | 闇の中の模索 »

無料ブログはココログ
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31