« 日本遺族会とその戦争観 | トップページ | 憲法再生フォーラムIN早稲田 »

2005/06/13

雨と夢のあとに(小説)

4048735950 ドラマにはまったのが高じて、原作本を買って読んでしまいました。ドラマより残酷で、ドラマがどちらかというと父親の視線で展開しているのに対し、小説のほうは、まったく少女の視線です。ちょっとボロボロですね。だってラストのシーンが、先日5月21日、ブログでドラマの感想を書いたとき紹介した、私が自分の子どもとった遊園地なんだもの。まいったなあ。3日ぐらいはしずむかなあ。

« 日本遺族会とその戦争観 | トップページ | 憲法再生フォーラムIN早稲田 »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨と夢のあとに(小説):

« 日本遺族会とその戦争観 | トップページ | 憲法再生フォーラムIN早稲田 »

無料ブログはココログ
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31