« いまなお裁かれるナチスの犯罪 | トップページ | ブログの運営について »

2005/06/24

中国人強制連行の裁判

 日本では、昨日、劉連仁事件の判決があり、高裁は賠償請求を棄却しました。1944年に強制連行で日本につれてこられ、北海道の炭坑で非人間的な強制労働を強いられ逃亡。その後13年間、山中に隠れ、終戦をも知らなかったというのがこの事件。判決では、強制連行の事実は認めました。しかし「請求権がない」と門前払い。
 国策としてすすめられた強制連行の事実は重いものがあります。この事実を政治は正面から向き合わなければならないと思います。

|

« いまなお裁かれるナチスの犯罪 | トップページ | ブログの運営について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/4693276

この記事へのトラックバック一覧です: 中国人強制連行の裁判:

« いまなお裁かれるナチスの犯罪 | トップページ | ブログの運営について »