« 今日は石和温泉 | トップページ | 教育基本法の集会 »

2005/05/06

世界は平和に向かっているのか

 長男が、高遠さんの講演会などにとりくんで、「おれはいままで何をしていたのか」などという感想をもらしていました。同時に「お父さんのやっていることで、少しでも世界は平和になったのか」と問いかけてきます。なかなか痛いところをついてきます。どうこたえるのが正確でしょうか。彼は、平和のために直接なにかしたいという思いと、平穏で楽しい学生生活をおくりたいという思いとでいろいろ、あるようですね。
 私自身としては、同じ、ジャーナリズムに生きる戦場ジャーナリストには負けないように心がけて、仕事をしようとはいつも思います。もちろんそれだけの仕事ができているかどうかは別ですが、まあ、いっぱいいっぱいやっているつもりです。平和な世界をきずくうえで、巨大な経済大国となった日本がどういう進路をとるのかは重要です。日本のなかでこつこつがんばる意味、日本のなかではどんなダイナミックな歴史の動きがあるのか、それはそれで伝えたいことですが、ほんとうに平和に向かっているのか、なかなか言葉で伝えるのも難しそうです。

|

« 今日は石和温泉 | トップページ | 教育基本法の集会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/4015630

この記事へのトラックバック一覧です: 世界は平和に向かっているのか:

« 今日は石和温泉 | トップページ | 教育基本法の集会 »