« 諫早湾干拓差し止め取り消し | トップページ | 普通の仕事への復帰 »

2005/05/16

靖国問題は内政干渉なのか

 今日の国会で、小泉首相は、靖国問題にかかわって、慰霊の仕方のうんぬんするのは「内政干渉」といいました。そうでしょうか。A戦犯合祀問題について、「罪を憎んで人を憎まず」と首相は言いますが、靖国神社は公式に、A級戦犯を「ぬれぎぬ」と言っているのを首相はご存じなのでしょうか。しかも、私も2度ほどいったことがありますが、遊就館の展示をみれば、この神社がかつての中国での戦争を中国側に責任があるとしているのははっきりしているのです。決して、慰霊のあり方の問題ではなく、かつての戦争をどう見るのかという、政治問題、外交問題にほかなりません。首相は、この点にこたえるべきでしょう。

|

« 諫早湾干拓差し止め取り消し | トップページ | 普通の仕事への復帰 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/4159341

この記事へのトラックバック一覧です: 靖国問題は内政干渉なのか:

« 諫早湾干拓差し止め取り消し | トップページ | 普通の仕事への復帰 »