« 読書の一日 | トップページ | 教科書検定結果公表される »

2005/04/05

マスコミ9条の会

NEC_0014 マスコミ9条の会の集会に行ってきました。会場いっぱいの参加者で、おくれていった私はしっかり、立ち見でした。詩人の大岡信さん、漫画家の石坂啓さん、脚本家のジェームス三木さん、教科書ネットの俵義文さんの4人が発言した後、桂敬一さんのこの間の新聞がどのように憲法をあつかってきたのかという講演がありました。詩の朗読、漫画家らしいシニカルなコメント、そしてユーモアたっぷりの話、今日解禁となった教科書検定の報告と4人の発言は、それぞれ個性的でした。桂さんの講演はいつもながらシャープで、地方紙の奮闘など全国的な特徴を指摘した後、読売への警鐘と、朝日への激励と疑問をいくつかの実例を紹介しながら指摘されていました。軍事時大国化をすすめる政府を先取りする読売の動きを紹介するとともに、マスコミ人の良心として、3月の読売の夕刊に、在日の都職員の管理職採用をめぐっての裁判の、原告本人の「日本国憲法の輝きを手に」という記事を掲載していることを紹介したことなどは勉強になりました。
@nifty:NEWS@nifty:マスコミ九条の会を設立(共同通信)

|

« 読書の一日 | トップページ | 教科書検定結果公表される »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/3582123

この記事へのトラックバック一覧です: マスコミ9条の会:

» 吉岡忍さんらも出席〜憲法改正国民投票法案を考える院内集会 [情報流通促進計画]
憲法改正国民投票法案を考える院内集会のチラシが完成しました。下記のとおりです。多くの方にご出席頂き、また、多くの方にこの情報をご案内して頂けるよう願っています。緊急なので、時間がありませんので、よろしくお願いします。 【転載・引用歓迎】 (取材、参加のお願い) 自由な報道なくして、改憲案の是非を判断できるのか 〜「憲法改正国民投票法案」を考える緊急院内集会〜 「何人も、国民投票の結果に影響を及ぼす目的をもって新聞紙又は雑誌に対する編集�... [続きを読む]

受信: 2005/04/14 04:08

« 読書の一日 | トップページ | 教科書検定結果公表される »