« 自衛隊のエンベッド取材が中止に? | トップページ | 障害者自立支援法案 »

2005/04/19

知の巨人

4876998612 9条の会の人たちにたいして、こういう論評がある。僕にとっても、9条の会の人たちは、それぞれいろいろな思い入れがある。井上ひさしさんは、もっとも身近に感じる。高校の時から、井上さんの本は、むさぼるように読んでいた。演劇青年だったのでよけいにそうだ。加藤周一さんと大江健三郎さんは、まさに「知の巨人」。たぶん、うちの家にある、個人の著作では、古典的なものをのぞけば、この2人のものが5本の指に入る。最近、加藤さんの新著、対話集5『歴史の分岐点に立って』を読んでいる。大江さんや姜尚中さん、樋口陽一さん、寺島実郎さん、池沢夏樹さん、網野善彦さんなどとの対談集で、超豪華です。それぞれが、知的刺激に満ちている。言葉というものの重み、それを個人がどうつむぎだすのかということも意味、まちがいなく、たくさんのことを教えてくれます。
 9条の会の方で、唯一、お話をしたことがあるのが、奥平康弘先生。やっぱり天才というのでしょうか。たくさんの知識のなかから、憲法のもつ力を語ってくださいました。小田さん、鶴見さんは若いころから、親しんだ本の著者ですが、自分とは、かなり別世界の、ものごとのとらえ方の方向が少し違いのかなと思っていました。それだけに、最近、多いように思います。澤地さんのルポというかノン・フィクション作品は大好きです。多くのことを学びました。三木さんは、少し、遠い存在でした。
 できることなら、こういう大きな運動にとりくまれる時期、この人たちからたくさんのことを学んでいきたいと思います。

« 自衛隊のエンベッド取材が中止に? | トップページ | 障害者自立支援法案 »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 知の巨人:

« 自衛隊のエンベッド取材が中止に? | トップページ | 障害者自立支援法案 »

無料ブログはココログ
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31