« 大阪人の魂 | トップページ | なぜ中韓と対立するのか »

2005/04/10

人とつきあうつらさ

 午前中は、学習会の講師。なかなか、うまくいかないものです。人を引きつける話っていうのはそう簡単にできるんものではありません。学習会のあとはだいたい落ち込みます。そもそも人とつきあうと、私はたいてい落ち込みます。仕事も、雑誌の編集なんて、人格の切り売りだって。人に言われたことがありますが、1冊終わったら後悔だけが残ります。近所の人づきあいも同じかもしれません。自分がうまく立ち回れたのか、どんなときもだいたい落ち込みます。でも、いつのころからか、「なあいいか」という技術を覚えることができました。自分の立ち回りがふさわしくなくても、1割2割、きっと意味があるんです。だから、まあいいかです。そう考えると心が軽くなるし、悩んだりしている自分もいとおしく思えたりしています。今日の学習会も、少しは、役に立ったかもしれないなあって、思いながら。ポジティブに生きることも案外大切かもしれませんから。

« 大阪人の魂 | トップページ | なぜ中韓と対立するのか »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人とつきあうつらさ:

« 大阪人の魂 | トップページ | なぜ中韓と対立するのか »

無料ブログはココログ
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31