« 8人の女たち | トップページ | NHKと政治 »

2005/04/02

長男の引っ越し

 今日、長男の引っ越しだった。私も18歳のとき、一人暮らしをはじめた。それから29年。長男とももしかしたら、もう一緒に暮らすことはないのかもしれない。門出の一日であった。
 赤ちゃんのときから、母親が、夜勤のある仕事だったので、小さいときは、週2~3回、私と2人で暮らした。小さいときから、私は、彼にとって父親か母親かわからない存在だった。それだけに私も、彼の小さいときのことはほんとうによく覚えている。はじめて歩いたとき、病気にうろたえたとき。小学校、中学時代も、いろんなことがあった。学校にいかなくなったときのこと。親に反発し、家中の壁やドアにいくつもの穴ができた。いつもハラハラし、オロオロした。高校時代はほんとうに勉強をしない生活だった。とても自信のもてる子育てではなかったけど、自慢の子に成長してくれた。はたして、どんな学生生活をおくるのだろうか。主のいなくなった部屋をみるとちょっと寂しい気分になる。まだまだ支えていかなくてはならなのだろうが、これからの日々が実り多いことを願う。感傷的な気分の一日だった。

« 8人の女たち | トップページ | NHKと政治 »

日記」カテゴリの記事

コメント

しみじみしてしまいました(;_;)。
我が家も、もしかしたら息子が家で暮らすのはあと3年かも…と思うと、やっぱりやつの部屋にテレビの配線をつないだのは間違いだったかも…なんて…ちょっと本題からそれてしまいましたが…。でも、ずうっと家にいたからといって関係が深まるわけでもないしね。彼の自立への一歩に乾杯して…お休みなさい。

 その後、引っ越しするなり、バイクの購入、そしてパソコンの購入と出費のほうがたいへんです。まあ、本人は、楽しくってしょうがないんでしょうがね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長男の引っ越し:

« 8人の女たち | トップページ | NHKと政治 »

無料ブログはココログ
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30