« ジョゼと虎と魚たち | トップページ | 8人の女たち »

2005/03/31

参院憲法調査会

 参院の憲法調査会の報告も、だいたいの内容が報じられています(事務局案)。衆院よりもより、マイルドという感じでしょうか。昨年末の自民党の顛末をみても、実は改憲の動きと、国民のこの問題にたいする意識には大きな乖離があって、実際の政治の舞台での改憲勢力の動きは、最初のアドバルーンに比して、いわばダッチロールといっていいような不思議な動きを見せてくれます。それに比して、以前、紹介した日本経団連や経済同友会の改憲案のほうがストレートであるようにも感じます。つまり、本音としての9条の改悪と、国民の権利の制限が、そのまま政治の舞台に乗せることができない。もちろん軽視はできませんが、憲法のもつ力には大いに確信をもって、とりくんでいきたいものです。

|

« ジョゼと虎と魚たち | トップページ | 8人の女たち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/3514471

この記事へのトラックバック一覧です: 参院憲法調査会:

« ジョゼと虎と魚たち | トップページ | 8人の女たち »