« 学生について考える(その2) | トップページ | ライブドアの勝利? »

2005/03/23

アナン報告と世界の未来

アナン事務総長は総会に対し、包括的な国連改革プランに関する報告書「一層大きな自由の中で:すべての人のための開発、安全保障および人権」を提出し、さまざまな提言をひとつのパッケージとして扱うよう訴えた。
 21日に国連のアナン事務総長が、国連改革に関する報告を発表した。  昨年末のハイレベル委員会の報告の際も、そうだったけど、私はまったく英語を使いこなせない。外務省があとでだす概要や、人が訳したものを読んだりはするが、手にはいるのは部分的。こんなに大事な問題が議論されているというのに、ほんとうに情けないと痛感してしまう。 0270310

 今回の報告もふくめ、国連の今の問題意識は、人類の直面する諸問題にどう向き合うのかという点にある。紛争、テロ、貧困や飢餓そして感染症の危険。日本では、どうしても安保理改革に矮小されるこの議論、世界はもっと真剣に問題に向き合おうとしている。アメリカのユニラテラリズムや、アメリカ流のグローバリズムという問題を内包しながらの議論だが、世界の英知に注目したい。そんな問題意識で、いろんなことを学んでみようと思っている。まず、入門的に、岩波の『「人間の安全保障」戦略』を読んでみた。

|

« 学生について考える(その2) | トップページ | ライブドアの勝利? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/3412747

この記事へのトラックバック一覧です: アナン報告と世界の未来:

« 学生について考える(その2) | トップページ | ライブドアの勝利? »