« 命どぅ宝――死んではいけない | トップページ | 明日から山にこもります »

2005/03/17

戦場の現在

 二男の問題集を頼まれて、本屋にいくと、ついついいろいろ買ってしまう。新書、文庫を数冊、あと小説も。奥平先生の高い本を今月は買わなくっちゃいけないのに……。
 んなわけで、今日買った『戦場の現在』を、帰りの電車のなかで、読む。半分以上読めたから、2時間もあれば読めそうな本。戦闘地域の最前線で取材をつづけるジャーナリストのルポである。うーん、あまり政治的に論ずるところはない。こういう取材や発言は、どこまで正当なのかも疑問はある。ただ、戦場の姿はリアルにつたわってくる。戦場にいない、いったことのない人間にとっては、知ることも少なくない。戦争報道はこう読めばいいのか。こういう想像力を働かせば、もっと事実はわかるかもしれないなど、そんな刺激をうけた。
 

|

« 命どぅ宝――死んではいけない | トップページ | 明日から山にこもります »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/3337691

この記事へのトラックバック一覧です: 戦場の現在:

» 「戦場の現在」by加藤健二郎 [mtchiba world]
イラクで武装グループにつかまり、救出されたものの 罵声を浴びせられながら日本に帰ってきたあの若者た ちは、もう忘れられましたね。 でもこの間、あの中の女性があち... [続きを読む]

受信: 2005/03/29 23:06

« 命どぅ宝――死んではいけない | トップページ | 明日から山にこもります »