« みんな号泣したいのかなあ | トップページ | アジアのなかで生きていけるのか »

2005/03/16

仕事の小山です

 月初めにやった座談会を、やっと形にして、いろいろ確認の作業をすすめています。あとは、インタビューの原稿化も山場です。仕込みの作業とかも、こなさなければなりません。ちょっとしたシンポジウムを設定しなければなりません。そんなわけで、現在、仕事の小山です。
 今日、『宮澤喜一回顧録』を読み終えました。前回紹介後の感想と言えば、宮澤さんというのは、知的な方なのかなと思っていたけど、思いっきり俗物だったので、がっかりというのが正直な感想です。保守本流というのはこういう考え方をするのかと。国民の目線だとか、国民生活の全体を視野に入れての思考というのはまあまったくありません。保守政治の枠のなかでの政策能力などはあるのかもしれませんが。ここに政治の裏面をかいま見せているような発言はいくつかあり、興味深かったのですが、「貧乏人は麦を食え」と言った池田首相と変わらない世界観のもちぬしなんだなあと痛感。

« みんな号泣したいのかなあ | トップページ | アジアのなかで生きていけるのか »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仕事の小山です:

« みんな号泣したいのかなあ | トップページ | アジアのなかで生きていけるのか »

無料ブログはココログ
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30