« リベラル・アーツ(その2) | トップページ | 14歳からの仕事道 »

2005/02/26

オウム10年

 この3月で、地下鉄サリン事件から10年になります。昨日の朝日新聞のオピニオンの欄で、その特集が組まれていました。江川紹子、森達也、宮台真司の3氏の意見が掲載されていました。三氏に共通する、「『どう生きるか』に迷う若者たちにどう応えるか」という課題に応えてきたのか、つらさより「つまらさは深刻」、理解できない他者をひたすら憎み、排斥する姿がそこにあったなどの問題提起は、いずれも共感できるものです。
 いま、若者のたちのなかで、しずかに広がっているように思えるナショナリズムのなかにも、同じような形のニヒリズムがあるように思えます。僕らが若いころ味わったのと違う、閉塞感、絶望感がただよっているのでしょうか。僕らは、そこに心を通わすような言葉を見つけなければなりません。

|

« リベラル・アーツ(その2) | トップページ | 14歳からの仕事道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/3089909

この記事へのトラックバック一覧です: オウム10年:

« リベラル・アーツ(その2) | トップページ | 14歳からの仕事道 »