« 今日はお休み | トップページ | NHK番組内容改変事件 »

2005/01/12

ハウルの動く城

元日、帰省先で、実母をさそって初詣にもと思ったら、実母からはつれない返事。しかたがなく、つれあいと、ちびと三人で、初詣にと、家を出たけれど、根が信心などとは無関係な人間だけに、外にでて30メートルもしたら、ちびと2人で、もう初詣はめんどくさいモードに、実家の近くにはちょうど、ワーナーマイカルのシネコンが、というわけで、1日は映画の日でもあったので、ハウルの世界にという情けない話です。
しかし、この映画は、前評判に反して、とても面白かったというのが私の実感なのです。

今日(12日)、ネットでいろんな人のホームページを眺めていると、私が尊敬する国際政治学者の浅井基文先生が、なんと氏のホームページでこの映画の感想を書いておられました。氏は”権力に対する警告と「個」(人間の尊厳)をあくまで第一義的なものとする者へのエール”、”惰性に流される日本人に対する警鐘”という2点で、この映画への積極的な評価を書いておられます。中身は、ぜひ直接読んでいただくとして。
http://www.ne.jp/asahi/nd4m-asi/jiwen/

どこまで深く読むかは別として、私も似たような感想をもったのでとてもうれしくなりました。

« 今日はお休み | トップページ | NHK番組内容改変事件 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハウルの動く城:

« 今日はお休み | トップページ | NHK番組内容改変事件 »

無料ブログはココログ
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30