« 今日も仕事 | トップページ | 『イラクはどこへ行くのか』 »

2005/01/18

『角栄失脚 歪められた真実』

 徳本栄一郎というジャーナリストが書いた『角栄失脚 歪められた真実』という本を読みました。ロッキード事件は、アメリカの陰謀だったという俗説を、ていねいな取材によって否定した好著です。1000円という価格も魅力的ですね。陰謀説は、角栄の美化や、一方でのアメリカへのへりくだりと一体に形成されてきただけに、こうした議論はとても大事だと思います。
 この本を読むと、いかにアメリカの日本の政治支配が根深いかがよく分かります。CIAの諜報活動がどのようなものか。また、さかのぼってジャパン・コネクションとよばれる人脈的な支配の形成にも驚かされます。政治の面での対米従属も、はてしなく根深いのです。

« 今日も仕事 | トップページ | 『イラクはどこへ行くのか』 »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『角栄失脚 歪められた真実』:

« 今日も仕事 | トップページ | 『イラクはどこへ行くのか』 »

無料ブログはココログ
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31