« ハウルの動く城 | トップページ | 沖縄にいます »

2005/01/13

NHK番組内容改変事件

朝日のスクープです。女性国際戦犯法廷をあつかったNHKの特集番組にたいし、中川現経済産業相と安部幹事長代理が放送前日に、NHKの幹部を呼んで「偏った内容だ」と指摘、NHKが番組内容を改変した事実が明らかになった。「慰安婦」=日本軍性奴隷の制度を断罪し、昭和天皇の戦争責任を裁いたこの民衆法廷をとりあげた番組を改変したこの事件は、現在、裁判がたたかわれていますが、その過程でどんな政治介入があったのかについて、リアルに報じています。「やめてしまえ」と恫喝し、異例の局長試写によるチェックがおこなわれた……。
表現の自由にかかわる、民主主義の根幹にかかわる問題であることは言うまでもありません。その彼らが、北朝鮮の人権をうんぬんする底の浅さは、お笑いぐさとも言えますが、そう笑ってはいられないのが今の政治状況でもあるわけですが。

|

« ハウルの動く城 | トップページ | 沖縄にいます »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/2556589

この記事へのトラックバック一覧です: NHK番組内容改変事件:

» NHKに安倍氏が圧力? [おいらブログ]
 これなのですが、何が本当で何が嘘なんですかね。  1 本当に番組内容が偏向して [続きを読む]

受信: 2005/01/13 23:18

» 政治とNHKとジャーナリズム [よく考えるぎょるいのひとver.3.09]
ジャーナリストにこれからなる人間として触れざるを得ない問題が浮上した。これは公費の私的流用とかとは一線を画す日本のジャーナリズムの問題。 「海老沢会長すべ... [続きを読む]

受信: 2005/01/14 00:06

« ハウルの動く城 | トップページ | 沖縄にいます »